FC2ブログ
6年前くらいだろうか、船が好きな友達から日本が軽空母か何かを作っていると聞いたのは。
おそらくその友達は雑誌から情報を得たのだと思うが、僕はすぐにネットで調べた。

それが「ひゅうが型護衛艦」である。写真?イメージ?を見て兵器についてある程度知っていたその時の僕は、直感的に空母じゃんと思いました。ただ確かにアメリカ軍が保有している新鋭の空母とは違いました。

そして今回お見えになった護衛艦「いずも」ですが、単にひゅうがが進化した感じですね。全長248mと「ひゅうが型」に比べかなり大きくなり(+51m)、ヘリコプターの同時発着艦が最大5機になった。(ひゅうが型は3機)またそれに伴い積載数も最大14機となっている。しかし固定武装は最低限に抑えられていて自衛用のCIWS2基とSeaRAM2基(CIWSのミサイル版)しか搭載されていない。対艦、対潜火器は搭載されていない。すなわちこの艦1隻で作戦行動することはできないと考えられる。対潜火器は搭載されていないとはいえ、97式短魚雷などで対潜戦闘可能なSH―60Kを最大7機搭載しているので潜水艦にとってはかなり脅威ではないかと・・・。ちなみに海自ではSeaRAMを初搭載だそうです。

では
スポンサーサイト



結構前にも調べた、太陽光発電で飛行する飛行機「ソーラーインパルス」前記事はこちら
これが13日にまた飛行したそうです。(13日の金曜日なのにいいのか?)前回は26時間の連続飛行でしたが、今回は半分の13時間。しかしスイスのバイエルヌからオランダのブリュッセルまで(約500km)を飛行し、初の国際飛行となりました。500kmを13時間ということで平均時速38Kmってところですね。トップアスリートが100mとか200m走るスピードと同じくらいですね。また山手線の平均速度より少し速いくらいです。

日本にもやってこないでしょうか?時速38kmでスイスから日本まで(チューリヒ~東京)来ると252時間≒10日半かかりますね。世界一周が夢だそうですが、もう少しスピードが無いときついですね。

全重量1600kgは零式艦上戦闘機(通称零戦)と同じくらい、大き目のワンボックスカーと同じくらいでしょうか。
全幅64mのジャンボジェット(B747-400)と同じくらい、鉄道車両(20m車)3両強ですね。

動力は7.5KW×4なので30KW、マンションの10部屋分くらいですかね。

簡単に言うと幅がジャンボジェットくらいあって重さがワンボックスカーくらいで電気が10部屋分くらい必要ってことですね。

では

すいません。週末は忙しくてブログが書けませんでした。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究チームがなんと40万G(重力は1G)という超高重力下において2種の細菌が生育することを発見したそうです。この細菌は「パラコッカス・デニトリフィカンス」と「シュワネラ・アマゾネンシス」と言うらしいです。
超遠心機という遠心分離機のお化けみたいな機械にに細菌を入れ、40万Gと言う環境を作り出したそうです。
自然界では40万Gなどという環境はあるのかというと、小惑星が衝突した時にはじけた岩石が加速度が最大で30万Gになるそうです。詳しくはこちら→JAMSTEC
これに対してヒトは3G~5Gで失神するそうで、微生物と言うのはやっぱり生命力が強いんですね。以前に発見されたものでも100℃以上の高温に耐えられる菌や強酸の中で生き延びられる菌などヒトには考えられないほどの環境下で生き延びている生物がいました。
植物や動物などの真核生物よりも細菌のような原核生物のほうが細胞内に細かい器官(細胞小器官)が無いため、極限状態には強いそうです。精密機械が熱などに弱いのと一緒ですね。

たぶん大量絶滅の間にもこういう菌は生き延びてたんでしょうね。

では
結構前、チェルノブイリから20年の特集かなんかでチェルノブイリ周辺の現状を伝えるテレビ番組がありました。僕は興味本位で見ていたのですが、何十年何百年間入れないといわれといわれていた地域に現在はヒマワリが咲き、放射能を含む土壌を浄化していると言うのです。しかもカメラがその地に入り(ちゃんと計測器は持ってますよ)ヒマワリが咲いたところなど移動していました。

今回の福島原発の一件でもこのヒマワリ作戦をやろうとしているらしいです。
福島県内で復興の象徴としてもヒマワリを植えてくれる参加者を募っているそうです。
ヒマワリだけでなく菜の花も効果があるそうです。
興味のある方は→福島ひまわりプロジェクト

なぜ効果があるのかというと、ヒトが放射性セシウムを価数が同じであるカリウムと間違えて吸収してしまうように、ヒマワリなどにカリウムなどの肥料を与えていなければセシウムも吸収してくれるそうです。
他の植物の中でも吸収するものがあるそうですがヒマワリが一番吸収率が高いようです。
放射性物質を吸収したヒマワリを焼却処分すると放射性物質が拡散する恐れがあるため、分解を行う特殊な菌を使って放射性物質の体積を減らすそうです。

さっそくやってもらいたいものですね。原発の周りをひまわり畑にしてもいいぐらいだと思います。

では
新しく買った教科書をパラパラみていると興味を引くものが数多くありました。

先ず「情報」と言う教科の教科書にはHTMLでの簡単なホームページの作り方なんかが書いてありました。
しかも資料集には「office 2007対応」などと書いてもありました。いやー現代ですね。

次に「数学B」の教科書の最後の方にはBASIC言語を使った計算なども載っていました。その前には鬼のような計算などもありましたが。

「物理」の教科書を見ていると、実験をやってみようみたいなところでヘルツの火花送信機の実験がありました。
無線通信というとどうしてもマルコーニさんを思い出してしまいますが、最初に作ったのは電磁波の単位(Hz)の名前の由来にもなったヘルツさんなんですね。
ちょっと読んでみましたが面白いですね。受信機に火花が出るそうなので、ネオン管かなんかをつけないといけないそうです。最初の無線機はこんな感じだったのかー
今は携帯の時代ですが、携帯なんてものは基地局が無ければ使い物にならないんですから、やっぱり無線はいいですね。

では
FC2カウンター
あなたは
プロフィール

ALWAYS腹痛

Author:ALWAYS腹痛
趣味は電子工作、ロボット、鉄道、プラモ(実物模型)などです。毎日のように腹痛を起こしながら(油っこい物に弱いです)、毎日何とか乗り切っている、大学2年。

元LEGO MINDSTORMS RCXユーザー
現在はサークルにてマイクロマウスに挑戦

一応ブログは鉄道を中心に小6から書いてます。シティ・バンホフ
このブログもいつ放棄するかわかりません。(気まぐれなので)

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top