FC2ブログ
カテゴリで迷いました。PC?科学技術?
クーラーは新しいものになりました。逆に効きすぎてあまりつけていません。

ソニーとパナソニックが次世代高容量光ディスクの新規格を共同開発するそうです。

ブルーレイディスク(以下BD)の次世代機?かと思いましたが完全にそうというわけではなく、
BDの技術をベースにしているそうですが、こちらはカードリッジなので互換性はないようです。
デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業のための製品だそうです。
また映像制作やクラウドサービスなどの業務用なので一般消費者向けに発売されるのかどうかは未定です。

ソニーの「オプティカルディスク・アーカイブシステム」はディスク12枚を1つのカードリッジとし300GB~1.5TBにしたものを去年9月に発売しているそうです。
「UODS-D55U」はユニットドライブでカードリッジをデータ転送速度は書き込みMAX210Mbps、読み出しMAX330Mbpsでできるそうです。ちなみに672,000円。
「ODS-L10」は上記のユニットドライブを2つ組み込み、カードリッジを最大10巻搭載可能だそうです。ちなみに2,100,000円。内臓HDD/500GB×2を入れて容量MAX16TB
どちらもソニー独自のファイルマネジメントソフトが付属するそうです。詳しくはこちら

パナソニックのデータアーカイバー「LB-DM9」は100GBのディスクを12枚まとめてカードリッジとしたものを90本収納したことで、容量MAX108TBとしたものを今月発売。データ転送速度は書き込み/読み出しMAX216Mbpsだそうです。ちなみにオープン価格。消費電力は12Wと省電力。カードリッジは50年保存可能とか。詳しくはこちら

2015年をめどに1ディスク300GB以上(BDの6倍)を目指すそうです。カードリッジが3.6TB以上。

BDというよりは超大容量のハードディスクが入ったフロッピーやMOという感じですね。容量はフロッピーの約100万倍、MOの約1000倍。転送速度はフロッピーの3000倍~4500倍、MOの40~60倍。こういう時代に戻るのでしょうか?個人的な意見としてはBDやDVDよりこっちの方が好きです。僕の家のパソコンやハードディスク全部合わせても2.5TBちょっとぐらいなので相当大きいことが分かります。

では


スポンサーサイト



私はCPUについてはよく知りません。というか難しすぎて私の脳ではわかりません。
ただ性能比較表などを見て(それを信じて)一応わかっているつもりになっています。

さてインテルの新型CPU「Ivy Bridge」が日本で解禁になったそうです。
私がよく行く秋葉原は昨日の深夜、大勢の人でにぎわったそうです。
「Ivy Bridge」とは開発段階でのコードネームで、私が今使っているパソコンのCPUは1代前の「Sandy Bridge]
です。
「Ivy Bridge」の中でも一番性能がいいとされる「Intel CoreTMi7-3770」のスペックです。
プロセッサー・ナンバー Intel CoreTMi7-3770K
コア数           4
スレッド数         8
動作周波数       3.5GHz
最大周波数       3.9GHz
キャッシュ     8 MB Intel・Smart Cache
バス/コア倍率      35
バスの種類        DMI
システムバス 5 DT/s
命令セット 64-bit
命令セット拡張 SSE4,1/4.2,AVX
リソグラフィー       22nm
最大TDP          77W

最初のほうはなんとなくわかるのですが後のほうはよくわかりません。
リソグラフィー 22nmはすごいですね。どんなレーザーを使っているんでしょうか・・・
ちなみに集積回路にトランジスタは14億8000万個入っているそうです。(お隣の国の人口より多い)
また省電力にもなっているそうで、Sandy BridgeのCoreTMi7-2700Kの最大TDPは95Wだそうです。
さていつ、このCPU搭載のパソコンが店頭に並ぶのでしょうか・・・
自作PCかいつかは作ってみたいなー。

では
最初に断っておきますが管理人は左手を負傷中です。相対的に文字数が少なくなると思います。

コンピューターセキュリティ

こんな言葉が生まれたのはいつからでしょうか?
初期のコンピューターウイルスはネットの広さを知りたくて作ったとか

最近では特定の企業を狙ったサイバー攻撃の問題が深刻化しています。
有名なところで行くとSONYとか三菱重工とか

韓国で日本でもよくCMをやっているオンラインゲーム「メイプルストーリー」のサーバーがハッキングされ、韓国の人口の約4分の1にあたる約1320万人分の個人情報が流出したそうです。
流出したのは氏名、住民登録番号、ユーザーID、パスワードだそうです。

セキュリティが甘かったわけではないそうですが、やっぱりこういうことは他人ごとではないですね。

私はあんまりオンラインゲームとかやらないのでいいですが、このFC2のようなブログサーバーやyahoo,googleなどといった検索サイトはかなり利用しているので個人情報流出されたら困りますね。

どうやら家の古いパソコンはウイルスがガンガン入っているような気がします。
一応ウイルス対策ソフトは入っていますがやっぱり最新版のウイルスバスターやNortonを入れないとだめですね。

では

幕張メッセで行われている総合技術展でソーラーパネルを組み込んだノートパソコンが展示された。

このノートパソコンは台湾の液晶パネル会社が展示したもので、ノートパソコンのキーボード部分がソーラーパネルになっているそうだ。5分日光に当てることで1分使え、5時間でフル充電できるそうだ。さすが液晶パネルの会社だけあってなんとソーラーパネルの上に透明なタッチパネル式のキーボードがしかれているそうです。
ニュースにも書いてあったんですが、誰もが思う疑問として「5時間もノートパソコンを日光に当てておいて大丈夫か」というのですが、説明員の話では「テストでは問題なかった」というそうです。
僕の携帯みたいにソーラーパネルが画面の裏にあれば閉じた状態でも開いた状態でも充電できると思うんですけど。
僕の携帯は最長3時間近く日光に当てていましたが大丈夫でした。最近の精密機器は強いんですね。
まーパソコン充電に使える外部太陽光バッテリーがあるのは知っていましたが、ついに内蔵か。

では
今日、映画「ダイハード4.0」がやっていました。
前回放送したときには、何かのせいで途中(天然ガスを送られる辺)からしか見られなかったので今回は最初から見られて良かったです。
ひとつ思ったのですが、インターネットから天然ガスのパイプや信号機につなぐことが本当に出来るのでしょうか?そしたら怖いな。
超巨大サイバーテロということですが、実際問題、世界各国でサイバーテロの脅威は目に見えていて各国が対策に乗り出しています。
セキュリティを強化するというのが一番手っ取り早いのですが、セキュリティはどっかのハッカーにいつか破られるもの
どこかで「第二のインターネット」というのが考えられているそうです。
来週放送される「ターミネーター3」もそうですがそもそも、家庭用のパソコンから省庁内部のコンピューターまでどこかでつながっているのがおかしく「家庭、法人向けのインターネット」と「省庁、国際向けのインターネット」と分ければいいんですよね。
民間人から「省庁、国際向けのインターネット」を完全にシャットアウトしてしまえばいいんですよ。
完全にシャットアウトは無理でしょうが。
それこそ衛星に第二のエニグマになるような暗号を送って通信するとか。

軍事的にもサイバーテロは脅威らしく、アメリカ軍?が優秀なハッカーを採用するとか。


では
FC2カウンター
あなたは
プロフィール

ALWAYS腹痛

Author:ALWAYS腹痛
趣味は電子工作、ロボット、鉄道、プラモ(実物模型)などです。毎日のように腹痛を起こしながら(油っこい物に弱いです)、毎日何とか乗り切っている、大学2年。

元LEGO MINDSTORMS RCXユーザー
現在はサークルにてマイクロマウスに挑戦

一応ブログは鉄道を中心に小6から書いてます。シティ・バンホフ
このブログもいつ放棄するかわかりません。(気まぐれなので)

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top